前へ
次へ

ルート営業経験者が転職で企画営業の求人に応募

営業職の種類としてルート営業があり、仕事としては顧客周りが中心になります。顧客が注文をくれるのは顧客自信が商品を必要としているときだけに感じますが、それだとなかなか売上が伸ばせないときもあります。顧客からの注文を待つだけでなく他の商品を提案したり、使い勝手などを聞いて新商品開発のための情報を収集するのが仕事と言えるでしょう。ルート営業においては基本的には顧客の新規開拓はなく、慣れてくれば営業成績も安定して営業成績によって増減する手当も安定するようになります。その分給料の大幅アップは望めないので、もっともらいたいと転職のために求人情報をチェックするかもしれません。もしルート営業経験者がもっと稼ぎたいなら、企画営業の求人を探して応募してみましょう。企画営業は自分で顧客に提案をして商品を売り込む仕事で、既存客の他新規の顧客開拓もできます。これまでルート営業しかしていない人がいきなり企画営業の求人に応募して採用されると、最初は仕事のやり方の違いに戸惑うときもあるでしょう。ただ企画営業の方がやりがいを感じられるときもあり、転職して良かったと感じるときも出てくるはずです。求人に応募する時にはルート営業しか経験していないことを伝えておくと良いかもしれません。入社後に企画営業ための教育やサポートをしてもらえます。ルート営業に比べて企画営業の仕事は自分で判断する部分が多くなります。求人に応募して選考されるときにも企画営業を行う人材として適性があるかどうかを見られるかもしれません。ルート営業しかしていないからと言って企画営業の適性がないわけではなく、顧客にしっかり提案する仕事をしていた人なら行うことができるでしょう。求人に応募する時には職務経歴書を作成して仕事内容を伝えるでしょうが、できるだけ細かく行ってきた営業の仕事を伝えるようにしましょう。新たに企画営業に取り組みたい旨を伝えることができれば、採用してもらえる可能性も高まるでしょう。

桜木町 求人 プロジェクトリーダー

博多 ヨガインストラクター 求人

横浜市 プロジェクトマネージャー 正社員

東京 プロジェクトマネージャー 求人

国分寺市 介護 求人

事務 在宅 求人

港区 エンジニア 求人

日野市 介護 求人

杉並区 介護 求人

立川市 介護 求人

Page Top